金融機関を利用しようとしたときに総量規制を調べることになったときの体験談

公開日時 登録者 Judge

カードローンを利用しようと考えた時に金融総量規制と言う言葉を目にしたことで、総量規制について調べた事が有ります。
金融総量規制と言う言葉自体知らなかったので、どのような規制なのかを情報サイトを利用して調べてみました。

そこには、年収の3分の1未満での貸し付けを行う事が義務付けられていると言う事が書かれており、金融総量規制の対象となるのは貸金業者と言う貸金業法に基づいて営業を行っている信販会社や消費者金融などになると言う事を知りました。

因みに、信販会社はクレジットカードを発行する会社だと認識していたのですが、クレジットカードにはクレジット枠とキャッシング枠の2つを組合わせる事も出来ると言う事を知りました。

クレジット枠ではキャッシュレスでの支払いが出来ると言う事は知っていたのですが、まさかクレジットカードでキャッシングが出来る事を知らなかったため驚きましたが、このキャッシング枠には総量規制が適用され、年収の3分の1を超えるキャッシング枠が付けられることはないと言う事でした。

また、金融総量規制は銀行の場合、別の法律で営業を行っているため、総量規制の対象外であることを知りましたが、対象外と言う事は審査で通過すれば年収の3分の1を超えるローンを組む事も出来ると言う事です。

尚、金融総量規制には例外が認められている事も知りましたが、おまとめローンなどは利用者にとって有利になるローンである事からも、仮に年収が300万円しかない人でも100万円以上の融資を受けて、そのお金を使って借金を1本化させることも出来る事を知りました。
5万借りる方法なども調べていきましょう。